KAYZのスタコレ2

全国各地に設置されているスタンプを集めています。記事の大半はスタンプ関連、他は讃岐うどんやカレーなど…。Twitterアカウントは@kayz_stamper

2021.4.18 代行バスで越える県境・その14

改札向かいにお土産物売場を併設した観光案内所がありました。
ダメ元でスタンプの有無を確認したところ、スタンプがありました!

ラーメンを持っているのは久留米市イメージキャラのくるっぱ。
横には顔出し看板もありました。

f:id:kayz_stacolle:20210617092753j:plain
f:id:kayz_stacolle:20210617092946j:plain

2021.4.18 代行バスで越える県境・その13

f:id:kayz_stacolle:20210617092034j:plain

久留米へ向かう列車では力尽きて爆睡…。

約25年ぶりに訪れた久留米!
改札を出ると流れていたのは「赤いスイトピー」…松田聖子さんは久留米出身ですね。

そしてポスターには田中麗奈さんが…彼女も久留米出身です。
久留米は調べてみると著名な歌手やタレント、スポーツ選手を多く輩出してます…wiki見てね。

25年前に押した「わたしの旅」
https://kayz-stacolle.hatenablog.com/entry/10922006

久留米の項、続く。

f:id:kayz_stacolle:20210617091859j:plain
f:id:kayz_stacolle:20210617091934j:plain

2021.4.18 代行バスで越える県境・その12

日田に来たら日田焼きそばかな。

駅の東側にある陸橋を渡ってすぐのところにある「大学軒」に行ってきました。
陸橋の真下&線路沿いにあるというロケーションも◎。

少し待って出てきた焼きそばは絶妙なパリッパリ加減。
ホントの焼きそばの「焼き」はこういうことじゃないのかな。
普通の「焼きそば」ってちょっと焼いて、ソースを絡ませて…じゃないですか。

いろんな日田焼きそばのお店に行きたいなぁ…と思いましたね。
あ、一緒に出てきたスープも絶品でしたよ。

f:id:kayz_stacolle:20210615210631j:plain
f:id:kayz_stacolle:20210618204616j:plain

2021.4.18 代行バスで越える県境・その11

日田へ到着。

晴天で清々しいですね!

日田の駅構内は…写真を撮るのを忘れたのですが(汗)、「進撃の巨人」のイラストがたくさん。
作者の諫山創さんは日田出身なんですね。

大ヒットのマンガなんですが、私はアニメの第1話しか見たことがありません。
なぜそれ以降を見ていないのか、なぜ原作を読まないのか…。
見たくないというワケではないのですが…うーん、答えに困ります。

駅舎の写真の右のほうに銅像(?)が見えますね。
ちゃんと駅舎内を撮っておけばよかった。

スタンプは以前カラマツトレイン神戸店で購入したことがあるのですが、
ようやく現地で押すことができました。

日田の項、つづく!

f:id:kayz_stacolle:20210615202957j:plain
f:id:kayz_stacolle:20210615203035j:plain

2021.4.18 代行バスで越える県境・その10

代行バスは日田まで行くのですが、私は夜明で下車。

こちらにもスタンプがあるのですが駅舎内時刻表を見るとすぐに列車がやって来る!
あわててスタンプを押して、跨線橋を駆け上がりました。
運転手さんは私が乗り込むのを見て扉を閉めるのですが、
ワンマン電車で一番奥の扉しか開いていない!
残る体力を振り絞り(すいません、まだあります)、列車に乗り込みました。

さてスタンプの話に戻るのですが、スタンプに描かれているのは「夜明の鐘」。
2011年に閉校となった夜明小学校で使用されていた鐘とのことで、
夜明駅の改築後こちらに移設されました。

写真の左あたりに「夜明の鐘」があるのですが、上に記した事情により、そこまでは撮れず…。
ホントにすぐに列車がやって来たのです。

f:id:kayz_stacolle:20210614094407j:plain
f:id:kayz_stacolle:20210614094506j:plain

2021.4.18 代行バスで越える県境・その9

f:id:kayz_stacolle:20210614032837j:plain
f:id:kayz_stacolle:20210614035611j:plain

そうそう。
駅前には2軒食堂があったのですが、鯉こくやヤマメなどが名物らしく
駅前広場に車を停めた方々はみんなお店に入っていくのでした。
今度来る時は入ろう…。

f:id:kayz_stacolle:20210614034442j:plain

彦山駅の待合室にはいろんな掲示があったのですが、
その中に「二又トンネル爆発事故」というwiki記事と当時被害にあった方々の手記がありました。
このトンネル爆発事故についてここに来るまで私は知らなかったのですが、
終戦直後にアメリカ軍が二又トンネルにあった日本軍の火薬を焼却処分したところ、
大爆発が起こり二又トンネルがあった山がなくなり、近隣の民家も吹き飛ばされ、
死者147名負傷者149名を出したとのことです。

山がひとつなくなるなんて想像もつかないのですが…。
これはアメリカ軍の完全に目測の見誤りですよね。
その誤認が多くの死傷者を出したのでした。

2時間後にやって来た代行バスもまた閑散としたものでしたが、
筑前岩屋で家族連れが、大行司から宝珠山の短距離を年配のおじいさんが、今山からも家族連れが…と
地元の方々にとっては大事な足であることがわかりました。

大行司や大鶴の駅舎を改築したのは鉄道の復旧を見越してのことだったと思うのですが、
復旧は復旧でもBRTなので残念ですね…BRTとしての運行になっても駅舎は活用してほしいです。

f:id:kayz_stacolle:20210614034831j:plain
f:id:kayz_stacolle:20210614035526j:plain

2021.4.18 代行バスで越える県境・その8

代行バスに乗ってほどなく歓遊舎ひこさんへ。

ここは道の駅なんですね。
道の駅の裏手に線路があり、駅が開設されていたのです。

彦山で代行バスを降りました。

もうすでに駅舎の解体作業は始まっていました…遅かったか。
駅自体は無人駅でしたが、駅舎の右にある洋品店にスタンプが保管されているとのことで
まだ開店前でしたが押すことができました。

ご主人いわく解体前に駅舎に掲げられていた「彦山駅」の駅名標が外されたので、
新たにできた駅舎に掲げられれば…とのこと。
駅があるところをBRTスペースにするらしいので、BRTとして運行された際には再度訪れたいですね。

f:id:kayz_stacolle:20210613113238j:plain
f:id:kayz_stacolle:20210613113357j:plain
f:id:kayz_stacolle:20210613113515j:plain
f:id:kayz_stacolle:20210613113609j:plain

2021.4.18 代行バスで越える県境・その7

f:id:kayz_stacolle:20210612061934j:plain

代行バスへ繋がる列車まではあと1本余裕があります。
乗り込んだ列車の終点、田川後藤寺まで行っておきましょう。

のんびり走る日田彦山線
かつてこの筑豊地方は多くの路線がありましたが、
平成筑豊鉄道に移管されなかった路線はほぼ廃線となり、地図上はすっきりしましたね(…)

田川後藤寺は飯塚方面へ向かう後藤寺線平成筑豊鉄道糸田線が分岐するターミナル。
後藤寺線筑豊支線の中で唯一JR線として残りましたね。

さて、ホームには多くのハイキング客がやって来ました。

…。

この人たち、みんな代行バスに乗るのかな?だとしたら全員は乗れないよな…。

そして代行バスに繋がる添田行きが到着。
ハイキング客で車内は大混雑です。

そのハイキング客のほとんどは豊前川崎で下車していきました。
よかったよかった…(?)

f:id:kayz_stacolle:20210612062233j:plain
f:id:kayz_stacolle:20210612062321j:plain

列車の終点となっている添田はかつては日本一の赤字線と言われた添田線の分岐駅でしたが、
その痕跡はわかりませんでした。

駅近くの駐車場から代行バスが発着していますが、小ぶりなタイプのバスでした。
このぐらいの規模のバスで十分やっていけるんですね~。

f:id:kayz_stacolle:20210612062407j:plain
f:id:kayz_stacolle:20210612062437j:plain

2021.4.18 代行バスで越える県境・その6

日豊本線日田彦山線が分かれる城野までやって来ました。
結局、小倉から城野まで各駅下車をすることができたのでそれはそれでよかったかなと。

ほどなく日田彦山線に入る列車が来るので、スタンプを押して駅舎の写真を撮ってすぐにホームへ。

分岐駅だからということもありますが、こちらは小倉南区の中心駅ということで規模が大きいです。
日田彦山線は呼野、日豊本線はこの先朽網までが小倉南区ということで…けっこう区域は広いですね。

f:id:kayz_stacolle:20210611110410j:plain
f:id:kayz_stacolle:20210611110500j:plain

2021.4.18 代行バスで越える県境・その5

日豊本線に入って1つ目は南小倉。
小倉の郊外に来たかな、といった雰囲気ですね。

スタンプもホタルやメダカ、カエル…と自然が多く残っていることがうかがえます。

駅から南へ歩くと北九州市ほたる館がありますよ。

f:id:kayz_stacolle:20210610093043j:plain
f:id:kayz_stacolle:20210610093418j:plain